幼児教育 脳育

お母さん、赤ちゃん、幼児に向けて、幼児教育の情報と、はやりの脳育、家庭教育の情報を発信します。
どんな脳育玩具、教材が流行、オススメBOOKなど お子様が喜んで遊びながら学べる教材、学習法を発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母から隔離は脳に影響か、横浜市大がラット実験 育児放棄解明へ/神奈川


母から隔離はに影響か、横浜市大がラット実験 育児放棄解明へ/神奈川



カナロコ 6月19日(火)5時0分配信
URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120619-00000008-kana-l14

育児放棄(ネグレクト)がにどのような影響を与えるかを調べている横浜市立大学の高橋琢哉教授(生理学)のグループが、ラットを使って行った実験で、発育初期に母親から隔離されたラットは、環境に対するの適応力が低下することを発見、19日付の米医学誌に発表した。

 ネグレクトで母親に放置され社会と隔絶した状態を経験すると、精神疾患を発症する例がある。発症のメカニズムは解明されておらず、新規治療薬の開発が課題となっている。

 研究は、文部科学省の「科学研究戦略推進プログラム」事業などの一環で、同省は「研究の成果が精神疾患治療に向けた薬の開発につながると判断している」と話している。

 実験では、オスのラットを人間の幼少期にあたる生後4~7日目または7~11日目にかけて毎日6時間1匹だけで飼育し、14日目にを調べた。

 通常は生後12日目から14日目にかけて、記憶や学習に作用するタンパク質が神経細胞の表面に出現し、神経に伝わった情報を別の神経に伝える現象が起こる。しかし隔離したラットはストレスにより、タンパク質が少なくなっていたという。

 高橋教授は、人でもラットと同じような異常が起きている可能性があるとして、今回の成果をメカニズムの解明につなげ、劣悪な環境が起こす精神疾患の治療に今回の実験結果を生かしたいと話している。

******************************
Yahoo!ニュースに載っていた記事です・・・

以前、愛情の欠如と子供の影響についてブログに書きました。
参考:相如の欠如と子どもの異常行動について
育児放棄や、育児放棄しなくとも愛情を得られない子供は大人になった時に
異常行動をしている子供も多くいるという内容でした。
すべての子供が大人になった時に異常行動を起こすわけではありませんし、
それを克服して大人になった子供もいます。

子どもの過度のストレスは 子どもの成長ばかりかの成長までも妨げ
精神疾患まで異常をきたすおそれがあるとは とても怖い話です。

母親の愛情の欠如は子供にとって過度のストレスになります。
過度のストレスが子どもの成長を妨げるのであれば、
子供に対して過度に叱りつけるという行為もストレスの原因になり
脳の成長を妨げるということになるのかというと、
なんでも許してしまうことも良いとは言えません。
ストレスに弱い子供に育つ原因になります。

なにごとも適度に・・・
といってもその適度な加減がわかれば苦労はしませんね。


ブログランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。
 にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ


関連記事
脳育 育児法 頭の中の引き出しとは
高まる脳育成 今の時代だからこそ子供たちに必要なこととは
幼児期に右脳を鍛えておくメリット
2人に1人が“脳育熱心ママ”……子どもの成長、左右の脳のバランスが大事
シナプスを減らさないために
現役東大生が考案 2ケタのかけ算の暗算を6時間で学べる方法(ニュース)


子どもの発達の行動分析

新品価格
¥2,310から
(2012/6/21 08:56時点)



自尊心の発達と認知行動療法―子どもの自信・自立・自主性をたかめる

新品価格
¥3,990から
(2012/6/21 08:56時点)



スポンサーサイト
[ 2012/06/21 08:57 ] 幼児脳科学ニュース | TB(0) | CM(0)

赤ちゃんの深い眠りの重要性と脳の働き

赤ちゃんの深い眠りの重要性との働き



 生まれたての赤ちゃんは一日 12~18時間眠り、2、3時間眠って目を覚まします。
生後半年位になると睡眠時間は多少減りますが、やはり頻繁に目を覚まします。生後数年間、長時間眠り続けられるようには出来ていないのです。
ミルクで育てられる赤ちゃんは消化も早いため お腹を空かして目をさますのです。
赤ちゃんが長時間睡眠を必要としているのか、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があります。
レム睡眠は覚醒に近い状態で活動しています。ノンレム睡眠は第一段階から、第四段階まであり、成長ホルモンが分泌されるのは最も深い3,4段階の時なのです。 
「寝る子は育つ」と言いますが、この言葉は本当なのです。


記憶を定着させるレム睡眠

 赤ちゃんはレム睡眠の時間も長く、目が覚めやすいので、赤ちゃんは長く眠ることができません。
レム睡眠で度々覚醒することは、赤ちゃんにとってとても重要なことなのです。
レム睡眠は部分的ながら、記憶の定着を測るのに重要な眠りであることがわかってきました。

20120314-3.jpg 赤ちゃんの未発達のでは、あまりに長い時間の記憶を処理しきれないので、眠ることで過度の刺激から身を守り、処理しやすくしているようです。

 赤ちゃんが質の良い深いレベルの睡眠をたくさん取ることは、神経回路のつながりを促し、体を動かす、思考する行為が可能になっていくのです。

 こうしたの発達には大量のエネルギーが使われます。


ストレスのない就寝環境を整える

 を育てるためには 質の良い睡眠が必要になってきます。そのためには親も気を使わなくてはなりません。
 決まった時間に睡眠を取る睡眠週間をつけることが一番重要です。

 子供の睡眠のことで親はストレスをためないようにしてくださいね、子供は疲れたら寝てしまいますから。

 心のストレスには爽やかな香りのアロマオイルと、音楽鑑賞がおすすめです。
 特にこの時期、花粉症、インフルエンザ予防効果がある、「eucalyptus globulus」のアロマがお気に入りです。自宅でも使用しています。

くわしくは・・・
cococara


ブログランキングに参加しております。
ご協力お願いいたします。




スッキリと目覚め、日々すごしたいですね。
快眠サプリメントは大切な睡眠の手助けをします。月の休息  

[ 2012/03/15 09:00 ] 幼児脳科学ニュース | TB(0) | CM(0)
アクセスランキング
 
[ジャンルランキング]
育児
681位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
幼児教育
90位
アクセスランキングを見る>>


QRコード
QR


相互リンク集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。